エンジニアとしての転職と転職理由

エンジニアSE転職する理由は、書類選考や面接において最も重要です。

相手を味方につける理由が無い限り評価されません。ところが、エンジニア転職する理由を聞かれてもどう答えたらいいかわからない人もきっと多いはずです。大半の人が履歴書に記入する際や面接で答える際に、この転職理由が苦労の元となります。どんなSE転職の理由がよいかというと、まず、実際に転職しようと思ったきっかけを書き出してください。そのままストレートに言うわけではないので、自分に正直に、ノートに記入しましょう。
そうしたら、今度はなるべくよいイメージを与えるように表現方法を工夫してください。

SE転職理由に関することばかりだと潔くないので、簡潔にしましょう。


SE転職するための活動は、在職中から始めて、SE転職先が決まってから辞職するのが理想です。退職してからの方が時間の自由がききますし、すぐ働けますが、すぐに転職先が決まらないケースもあります。
無職の期間が半年以上になると、就職先が少なくなりますから、後先を考えずに、今のシステム開発を辞めない方が良いでしょう。
違うプログラミングに転職するのは困難であるという印象が強いですが、実態はどうなのでしょうか?結論をいうなら、これまでと違う業種に就くのは簡単ではありません。
同じ採用試験に経験者と未経験者が来た場合、人事担当者は、経験者を選ぶことが多いです。ただ、確実に無理というわけではないので、努力の程度によっては異業種に職を変えられることもあるでしょう。

退職の原因が労働時間の長さである場合には「効率を重視した仕事がしたい」、仕事を辞める理由がやりがいを感じられないという場合は「新しい職場で成長したい」といいかえればイメージは悪くありません。
たとえ転職理由がネガティブなものも言い方によっては、プラスのイメージになります。採用される履歴書の書き方は、150文字から200文字で書くのが理想です。SE転職者と新卒者の採用活動における志望動機の際立った違いは新卒採用と比較して転職者の採用というのは入社してから今日まで経験し成長につなげてきたことをどのように応用するのかがポイントであるという点です。
志望したわけを書き込む際の要点は大きく3つあり、今までの経験をどう活かすのか、志望したわけとは別に、しっかり自分の魅力を打ち出す、業界の各ソフトハウスの特徴を踏まえて記入することが求められます。エンジニア転職しようとする場合に持っておいたほうが有利な資格として、社会保険労務士や公認会計士がおすすめです。
これまでの仕事で積み重ねた経験を生かしたSE転職を考えている方にも時として役立つことがあります。
エンジニアとしてのスキルに加えて社会保険労務士という資格があれば、社内SE関連の仕事に就職しやすくなりますし、公認会計士の資格を得ていればそれに加えて、財務関係の仕事+社内SEという形で就職しやすくなります。


to TOP