SE転職をする前には家族に相談が必要

SE転職を考えた場合、まず、極めて身近な存在である家族に相談をなさる方がほとんどだと思います。

家庭を持つ方でしたら、家族に相談なさらないで転職をしてしまうことは避ける方がいいですよね。家族と話し合わずに転職すれば、このことが原因で離婚になることもあります。異なる業種に職を変えるのは難しいという印象が強いですが、実際のところはどうなのでしょうか?結果から述べますと、異業種に職を変えるのは簡単ではありません。同じ採用試験に経験者と未経験者が来た場合、採用担当者は経験者を選択する可能性が高いです。

ただ、確実に不可能というわけではないですから、努力の仕方によっては異なる業種に職を変えられることもあるものです。

その意味でも「前職を辞めたわけ」ここで働きたいと思った理由について、などは欠かせないものです。IT経験書や職務経歴書についての書き方ポイントといったら今まで自分が働いていた会社でやってきたことは何か、どういった貢献をしてきたのか、自分で振り返るとどのぐらいの成果や業績を上げたのかを明確に書くことがポイントです。

どういった転職理由が適当かというと、はじめに、本当に転職する気になった理由を思い出してください。思いつくままに説明する訳ではないので、自分に正直に、ノートに記入しましょう。

そして、それをネガティブな印象を与えないように説明する方法を変えるようにしてください。

長々とSE転職の理由が続くと言い訳のように聞こえてしまうので、長さには注意しましょう。一般的に、SE転職する際、有利だと思われている資格に中小ソフトハウス診断士をあげることができます。中小企業診断士の資格があれば、経営に関する知識を証明することができるので、会社にとって自分は貴重は戦力であると認めてもらうことができます。
法律をよく知る行政書士やお金に関するあれこれに精通するファイナンシャルプランナーも、エンジニア転職するとき、大いに助けとなるでしょう。


退職の原因が労働時間の長さである場合には「より効率の良いシステム開発の仕方を重視したい」、やりがいのないシステム開発と思っている場合は「環境を変え、新しい自分を発見したい」と表現すると問題はないでしょう。

否定的な転職理由も言いかえれば、ポジティブに感じるようにすることもできます。
履歴書記載の注意は、150文字から200文字程度にするようにします。SE転職の際に、プログラミングをじっくりと探そうと思うと、それなりに時間を必要とするでしょう。

今の仕事を辞めずに次の仕事を探す場合、仕事探しのために割ける時間はあまり取れないでしょう。そこで、考えに入れてほしいのがSE転職情報を集めたサイトです。転職サイトに会員登録を行うことにより、自分だけでなく、キャリアコンサルタントと呼ばれるサポートスタッフも協力してプログラミング探しをサポートしてくれるのです。


to TOP