エンジニアとしてフリーの立場からどうするか

フリーのエンジニアでは将来が不安だという人は多いでしょう。フリーであることで自分の納得いく仕事だけを請け負い、のびのびと働くことができるという利点はあるものの、その分身分は不安定であり自分の体だけが資本というリスクはあります。

また社会的信用という面でもフリーの身分はデメリットがあります。

そこで考えられる対策というのは2つあります。

1つ目は、自分で会社を興して人を雇う立場になること。つまり「社長」ですね。会社であればマネージメントする立場であるのを社長となり全てをコントロールするということです。会社として成功すれば、自分も幸せになりますし、さらに自分が雇ったエンジニアも幸せになれるという、スケールの大きな話になりますが、デメリットとしては言うまでもなく『高いリスク』です。既に人脈がないと難しいところもあります。

そして2つ目は、エンジニアでもフリーの立場から社員の立場に変わるということです。良い会社に勤めることができれば、待遇は安定しますし、将来のキャリアについても安心することができます。デメリットとしては『社員になった当初は待遇が少し探すことが多い』『社員になることでこれまでの自由な身分ではなくなる』と言うことです。1つ目の起業するという案に比べるとリスクは低いのは言うまでもありません。

どちらが良いかは、人それぞれの価値観によって異なりますが、一般的には『社員化』することを望むエンジニアの方が多いですね。


to TOP