転職については専門家に相談してみるということも一考を

転職をしてどのような会社で働くかということは重要なことですが、長期的なスパンで見た場合に、どのようなキャリアを積んでいくのかということも重要なこととなります。

エンジニアとして働き続けるのか、あるいは、これまでのエンジニアの経験をまるまる捨てて異業種に行くというのもどうなのか、それが正しいのか間違っているのか迷うこともあるでしょう。

●これまでのエンジニアの経験を生かしてもっと安定した職場、条件の良い職場で働けるのでは?
●今後のSEとしての不安を解消できる職場があればまだSEとして働いて行きたい気持ちはある
●エンジニアでも開発ではなく社内SEとして働いて行きたい気持ちがある

などと考えることはないでしょうか。

実際、エンジニアから異業種に移ろうと思っていたけど、エンジニアとして満足できる職場が見つかったのでそのままエンジニアとして働き続けることにした。という人もいます。その反対に、最初はエンジニアとして働き続けるつもりだったのが、ある機会に別の業種の魅力に取りつかれて、エンジニアから方針転換をすることにしたというエンジニアもいます。

こうした選択は正解があってないようなもの。だからこそ、自分一人で考えていても、どれがベストな選択なのか迷う場合もあるでしょう。もし迷いや戸惑いがあるのでしたら、まずは、これまでのエンジニアの経験をもとに、満足し働ける働き方とは何かを一度確認してみるのも良いのではないでしょうか。


to TOP