異業種に移りたいと考えるエンジニア

エンジニアから異業種に移りたい。エンジニアは大変だから他の業種で頑張りなおしたい。。。
という思いについて一度は考えたことのある、というITエンジニアは結構いるようです。とはいえ、SEから異業種に移るとなるとどのような業種が可能となるのか?というと、これは正解はありません。

SEはつぶしの効きやすい職種である一方、案外異業種にいってそのまま役立つスキルという訳でもない、という不思議な側面をもつ職種ですね。

年齢が若ければ、エンジニアの経験を全て捨ててイチから頑張るという手もあります。実際にそのように進むことを決めたという人もいます。医療系の資格を取るために専門学校に入学するという人もいますし、税理士の資格を取るという人もいます。ただしこうした方向転換は、思いつきではなくエンジニアで働いているうちに、こういった他業種に触れた経験がある人がほとんどのようです。

そしてキャリア変更は、こうした特殊な技能や資格を必要とする仕事だけではありません。エンジニアでの業務経験で自分は交渉力とコミュニケーション力が生かせる、と感じた方は営業や営業の技術支援要員として転職する人も多いです。

ただしこうした職種転換は年齢が早い方が有利であることには間違いありません。資格を要するいわゆる士業では年齢が高くてもOKな部分はありますが、それでも最初はどこかの事務所に所属して下積みをするのが一般的です。その場合、やはり年齢がネックになり採用に苦戦する場合がありますからね。



to TOP