SE転職 キャリア

フリーのエンジニアとしての将来の不安

エンジニアとしてフリーでやっている、という方は結構いますが、将来のことを考えると「このままフリーのエンジニアでやって行けるのか?」という不安はやはり感じてしまうものでしょう。

フリーのエンジニアと言うのは、基本的に派遣の扱いになります。そうなるとやはり切られやすい立場にありますから、契約先のクライアントで何か業績に問題があれば真っ先にしわ寄せが来てしまいます。

通常、会社勤めであれば30代になると徐々に現場からマネジメントの方に任される業務が移ってきます。現場の業務は若いエンジニアに任せるというスタンスになります。フリーのエンジニアというのは派遣エンジニアでもあるので基本的に「出世」はしません。するのなら、自分自身でなんとかスキルつけていくしかありません。単なるPGレベルであっては、コーディングさえできれば、あとは誰をであっても同じことで、年齢を重ねると徐々に現場の仕事は回ってきにくくなります。

30代や40代というのは、会社であれば若手エンジニアを統括して、という役回りになることがほとんどです。しかし、フリーのエンジニアであればそういう機会に恵まれることがやはり少なくなります。そのため、徐々に仕事が減ってくる、という状況になる可能性が高いのです。年齢が高くてもプログラミングができればOKという募集もあるのはありますが、やはり数は少なくなります。こうしたサイトなども参考にしてみるとよいと思いますね。⇒SE転職とやりがい


求人広告を見てるとよくあると思いますが、
「若い人たちが活躍している職場です」
「20代、30代の方にもドンドンチャンスを与えている職場です」
という文言、、これは言い換えれば
『今回、募集しているのは20代や30代の若い人です』と言ってることに他なりません。

そうした現実が待っている中で、フリーランスのエンジニアとしてどう働いていくかは大きな問題となります。


to TOP